古崎東京オフィスビル

1

東京都中野区、桜並木で名高い中野通り沿いに面して建つオフィスビル。
オフィスの機能だけではなく、トラック駐車場・作業場・仮眠室・食堂に至るまで多岐にわたる機能で構成される。
計画を進めるにあたり、各機能を備えた部屋を「箱」に見立てた。「機能の箱」を必要な大きさで積み重ね、必要な形でファサードに飛び出すことで、必然的に通りに対して開かれたシンボリックな建築物を実現した。
クライアントは福井県に本社・木工場を構える会社の東京支店である。福井県産材を用いた印象的なファサードを内部にも続く空間とすることで、建物全体が会社そのものを表現する場とした。
桜の時期、通りに開けた特等席からは福井県産材越しに桜花を愛でる事が出来る。

Principal useオフィス
StructureS造 3階建
Total floor area296㎡
Address東京都中野区
Completion date2017.03
Constructer株式会社古崎
Work contents設計・監理
Representative丹羽 浩之・今福由起
Photographer堀 宏之

PHOTO GALLERY

2
4
3
5
6
7
8